Vista再Setup後、Windowsメールのアドレス帳のインポート

日常的な使用では Windows Vista はほぼ正常にサクサクと機能していた。購入後2年余、ヘビーユーザーながら再セットアップは1度もしていない。完全に落着くまで数日は要すると思いつつ、覚悟を決めて Windows Vista の再セットアップに着手です。

その理由は:
◎ 最近、信用度抜群の企業サイト幾つかで表示が不適切となり目的を達成できなかった。
◎ 同じPCのユーザー切り替え時間が長すぎる。
◎ スリープから復帰したとき、無線LANの接続に失敗することが多くなった。
◎ その他、細々とした問題を時々感じていた。

PCは2009年7月購入の NEC Lavie、OS は Windows Vista ながら家電量販店Versionでした。形式的には管理人と家族会員1名の2人でPCを使用、ここではユーザーを Mr.Admin と Hokugyo としておきます。

まず両者のデータファイルのバックアップを作成した。再セットアップ前に、HDDのC領域に余裕が無くなり、 Mr.Admin の個人データ、写真、動画、ホームページなどは未使用だったD領域に全て移動しました。ユーザー Hokugyo のデータは僅かでした。それからD領域の全データを外付けHDDにコピーです。

バックアップ時に、恐らく、余計なことをした。メーラーは Outlook Express の後継の Windowsメール ですが、そのアドレス帳をHDDのD領域にバックアップのつもりで自分でエクスポートした。気付かなかったが、Windowsメーラーのアドレス帳はこのエクスポートによりメーラーから消えたのです。もちろんアドレス帳はD領域に保存されている。これは確認していました。

このパソコンには「バックアップ・ユーティリティ」なるソフトがインストールされている。これを使うとインターネットやメーラーの設定まで含めて Windows Vista のバックアップを作成してくれる、となっている。ただし、自分でインストールしたアプリ・ソフトは自分で再インストールです。このソフトで復元用バックアップをD領域に作成しました。

その後はマニュアルの手順に従ってC領域のみを再セットアップです。HDDのパーテション(領域)数の増減も可能ですが必要性を感じないので、初級者向けメーカー設定の再セットアップを行った。コントロールパネルの容量表示では、領域Cは83.8GB、領域Dは197GB、となっている。Mr.Admin には十分なサイズです。

実は「バックアップ・ユーティリティ」で復元用バックアップ作成中にPCの正確な登録名を入力する必要がある。うっかり「Mr.Admin」と入れるべきところを「Admin」と入れてしまった。
再セットアップ自体は問題なく終了した。「バックアップ・ユーティリティ」を起動し、D領域に保存の復元用バックアップファイルで設定などを戻し始めた。何とか形式的な完了に持ち込んだが、最後のダイアログボックスで「PCの正確な登録名が必要」という趣旨の指摘がありました。
面倒でも、再再セットアップとなりました。今度はPCの正確な登録名「Mr.Admin」を入力、復元ソフト「バックアップ・ユーティリティ」の起動から完了まで問題はない。

結果として、無線LANは直ぐつながり、インターネット接続に問題はなかった。ただし、Windowsメールは通常の設定が必要となり、Mr.Adim のWindowsメールはプロバイダーサイトの自動設定を利用しての設定となった。hokugyo のWindowsメールは設定ダイアログが表示され、必要情報を入力して自分で設定でした。

Windowsメールを立ち上げ確認すると、受信フォルダや保存ホルダなど元のままメールが復元されている。安心して他の作業にとりかかった。ところが、後で Windowsメール を使用する段で気がついた。アドレス帳がない!

この場合、アドレス帳を復元する通常の手続きは、

Windowsメール → アドレス帳 → インポート → インポートするアドレス帳のファイル形式を指定 → インポートするファイルを指定 → インポートをクリック → インポート完了

となるはずです。


Windowsメール
Windowsメールのアドレス帳

ファイル形式
ファイル形式が表示される。

ファイル形式の指定
ファイル形式を1つ選んで「インポート」をクリック。

インポートするアドレス帳を指定
インポートするアドレス帳を指定、今回は必要なファイルが表示されなかった。


それが、インポートするファイルの表示までは良いが、どうしてもファイルの指定ができない。選択すべき4ファイル・タイプの全て試みたがダメでした。他にも、ネットでいろいろなアドバイスやインポート手順を探して読みましたが、問題の前提が違い、どうにも・・・。結局は自分で試行錯誤です。

結論から書くと簡単でした。
再セットアップ前にHDDのD領域にエクスポートした「アドレス帳」がある。それをクリップボードにコピーする。Windowsメールを立ち上げ、「アドレス帳」をクリックして開く。空のアドレス帳が表示される。そこにクリップボードの「アドレス帳」を張り付ける。
これで完了、再セットアップ前のアドレス帳が Windowsメール のアドレス帳に復元されました。
「コロンブスの卵」の一例かも知れません。
これでWindowsメールは以前通りに使えるようになりました。

アプリ・ソフト類もインストールしましたが、結果として2年間余にたまった不要なソフト類の大掃除にもなり、PCの動作も快調なりました。冒頭に書いた諸問題も解決され、時間をかけた甲斐があったというものです。

追記: この記事は単純に体験談です。Mr.Admin は Windows Vista 搭載PCと Windows 7 搭載PCも一応の満足感をもって使用しています。



サイトからブログの閲覧の方は以下をクリックしないで下さい。
ブラウザ右上の[X]のクリックでサイトに戻ります。

[北行庵]  HOME旅行記