トラピスト修道院、ドライブ

しばらく車を動かしていなかった。敷地から出ることもせず、少し走り回りたい気分でした。
今となっては少々古いモデルになったが Nikon D7000(画像素子はハーフサイズ)にタムロン18-270mmズームを付けた中級デジ一を持って出かけた。往路は国道228号線を海岸通り沿いに道成に走った。古い国道ではあるが、松前を通り江差までいくドライブを楽しめる道である。三石で国道から離れ、鉄道を横切り、トラピストの広大な敷地に入った。

入口の長い並木道


トラピスト修道院の知られた撮影ポイントの一つでしょう。長い見事な並木道の先に歩道の登り道が伸び、その上に修道院の正門、さらなる奧に修道院の建物がある。何度見ても見事な風景です。

正面の門扉


正門から中には入れません。「灯台の聖母 トラピスト修道院」と書かれた門扉があります。

門扉の隙間から修道院


修道院の均整のとれた建物。前庭のイチイの刈込が見事です。

牧草を借るトラクター


トラピスト修道院はバターやクックキーなどの乳製品を作り販売しています。土産店でも販売しているので知っている人達も多いことでしょう。修道院なのでいろいろと自作です。丁度、飼料用の牧草の刈込みの時期でした。昔と違い、今はトラクターで作業です。
売店に寄ってソフトクリーム(\350)を買って食べました。ソフトクリームに良く合う素朴な小判型クッキーが1枚付いていました。美味しくいただきました。

帰りは茂辺地まで国道228号線を戻り、高速道路を使って帰宅でした。
数年ぶりのトラピスト修道院、天気もよくて訪ねる人達も次々で良いドライブでした。



北行庵サイトからブログの閲覧の方は以下をクリックしないで下さい。
ブラウザ右上の[X]のクリックでサイトに戻ります。

[北行庵]  HOME旅行記